長井先生

【実施日】令和3年9月6日(月)12:15~12:45

【講 師】内科学講座第三 教授 長井 篤 先生

【参加者】18名

【概 要】

 長井先生は2019年9月に内科学講座第三の教授に就任されている。学生のあなたに伝えたいこととして、学生時代を含めご経歴を振り返り、「1.挫折を飛躍に変える」「2.師の良いところを学べ」「3.診療を楽しむ 研究を楽しむ」「4.脳神経内科は面白い」等のメッセージを頂いた。

中でも印象に残ったのは大学の4年次に中型バイクの免許を取り、アメリカ大陸を横断されたことである。失礼ながら現在の先生からは想像できない、長髪短パンのお写真も拝見し驚き半分でお話しを聞いた。旅の道中には沢山の苦難があったものの、色々な人の助けを受け、この体験が後々の人生に生き、自分の自信になっているそうである。

また、研修医・大学院生時代や国内・海外留学時代には良き師との出会いがあり、現在の診療・研究に繋がっていると話された。研究は忍耐であるが夢の実現である。チームを組む共同研究も多く、関係性を築くことが大事であり、その出会いは、「人生の転機」「邂合」「偉大な人は皆まめ」と表現された。

 最後に「自分のやりたいことを楽しみながら、臨床・研究に臨んでもらいたい。身近な先生をメンターとして、医師としての人生も豊かにしていって欲しい」と結ばれた。