当講座は、地域医療教育学講座、地域医療政策学講座、総合医療学講座、卒後臨床研修センター、各診療科等の学内組織、おそび島根県・市町村、しまね地域医療支援センター、地域医療機関等の学外関係機関と連携を図りながら、「学生が、地域医療に興味を持ち、地域医療へのモチベーションを膨らませるため、また医師としてのキャリアアップと県内で安心して働ける環境づくりを支援する」ために、以下の様な取り組みに関わっています。

1.医学科学生教育

  正課

  • 1年生:(1)早期体験実習          【必修】 
        (2)講義:地域医療学        【必修】
  • 3年生:研究室配属                【選択】
  • 4年生:男女共同参画講義(キャリア教育)     【選択】
  • 5年生:(1)臨床実習(地域医療・総合医療学)【必修】 
        (2)臨床実習(地域医療実習)    【必修】
  • 6年生:臨床実習(地域医療実習)            【選択】
  • 全学年:地域医療体験実習Ⅰ(夏季・春季地域医療実習)       【自由】 
        地域医療体験実習Ⅱ (フレキシブル
    実習)          【自由】 

  正課外の活動

  • 地域医療Webinar (10回程度/年)
  • Career Webinar  (10回程度/年)
  • ビデオセミナー  (毎週)
  • 総合診療医ブラッシュアップセミナー(年1回)
  • 総合診療専門医プログラム説明会(年2回)
  • 学生面談、学生と地域との交流支援
  • 地域医療交流サロンの取組み等

2.医師のキャリア支援活動

  • 地域枠医師、奨学金貸与医師、その他希望者を対象にしたキャリア支援
  • 総合診療医育成支援
  • しまね地域医療支援センター理事及び専任医師(教授)
  • Iターンを含む県内医師のキャリア支援

3.地域医療支援

  • 地域医療システムマネジメント支援
  • ワークライフバランス支援(復職支援を含む)
  • 地域医療を支える住民活動支援
  • 地域医療コーディネータ支援
  • 地域医療研究会支援